ZADCO

鉱区紹介

アラビア湾の南岸に位置するアラブ首長国連邦(U.A.E.)アブダビ首長国では、1958年に陸上でバブ油田、海上ではウムシャイフ油田が発見され、以後大小様々な油田が発見されてきました。当社は、1973年2月、このアブダビ首長国沖合鉱区の利権を有するADMA Ltd.に資本参加を行って石油開発事業の足がかりを得ました。
現在、同沖合海域最大の上部ザクム油田ならびに当社が直接開発を手掛けたサター油田およびウムアダルク油田の操業については現地操業会社ADNOC Offshoreを通じて運営に参加し、事業の推進を図っております。

アドマ鉱区
対象油田 利権保有比率 位置 生産開始年
上部ザクム ADNOC      60%
ExxonMobil 28%
JODCO      12%
アブダビ市北西
約80km沖合
1982年
サター ADNOC  60%
JODCO  40%
アブダビ市北西
約180km沖合
1987年
ウムアダルク ADNOC  60%
JODCO  40%
アブダビ市北西
約20km沖合
1985年

上部ザクム油田(Upper Zakum oil field)

採油井から生産された原油は3つのサテライトプラットフォームおよびザクムセントラルコンプレックスで油とガスに分離された後、約60km離れたジルク島へ送られます。ジルク島に送られた原油はさらに最終処理が施された後、アッパーザクム原油として、貯油、積み出しが行われます。油層圧維持のため1984年から水攻法を実施しています。現在、生産能力の増強に向けて人工島を利用した開発作業を進めています。

サター油田(Satah oil field)

採油井から生産された原油はプロダクションマニフォールドプラットフォームに集められた後、約60km離れたジルク島にて最終処理をされ、上部ザクム油田から生産された原油と混合されて貯油、アッパーザクム原油として積み出しが行われます。油層圧維持のため1988年より頂部ガス圧入を開始し、さらに1998年より水攻法を実施しています。なお、頂部ガス圧入はガス生産井のトラブルのため2000年より停止していますが、現在ガス圧入の再開を検討しています。

ウムアダルク油田(Umm Al Dalkh oil field)

採油井から生産された原油はセントラルプロダクションコンプレックスで油とガスに分離された後、約65km離れた上部ザクム油田のザクムセントラルコンプレックスに送られ、さらに上部ザクム油田から生産された原油と共にジルク島に送られて最終処理された後、アッパーザクム原油として積み出しが行われます。油層圧維持のため1986年より水攻法を実施しています。また、採油井の一部に人口採油法の一つである電動水中ポンプを適用しています。

ページトップ