csr

ジャパン石油開発(株)はアブダビ首長国における環境・教育分野への社会貢献活動を行っています。過去約40年間にわたるアブダビ首長国での活動を通じて築いてきた、地域、そしてそこに暮らす人々とのつながりは、こうした社会貢献活動を通じてさらに大きな実を結んでいます。今後も地域の未来の為、そして日本とアブダビ首長国との関係強化の為、より良き環境と優れた人材育成への取り組みに参加・貢献することは、当社の重要なミッションの一つであると考えます。

環境

マングローブ植林

マングローブ植林

日本の専門家による地域緑化のためのマングローブ植林を支援し、現地操業会社に植林に関する技術移転を行いました。

真珠養殖プロジェクトの支援

石油の輸出が始まる以前は天然真珠の産地として有名であったアブダビに日本の真珠養殖の技術を導入してアブダビ産の美しい真珠を蘇らせて欲しいとのアブダビ政府の要請を受け、2006年に真珠養殖プロジェクトを立ち上げました。
現場調査と2年間にわたる試験養殖を経て、2009年以降、日本人真珠養殖技術者2名の監督の下、アブダビ西部地区の海岸線にある現場でアブダビの真珠養殖の研究・技術支援を行い、アブダビ環境庁による真珠養殖プロジェクトをサポートしています。

ページトップ

教育

UAE大学生日本研修

UAE大学生日本研修

1993年より毎年UAE大学地質学部の学生を日本に招き地質学セミナーを開催。2007年からはPetroleum Institute (アブダビ石油大学) からも学生を招いています。理論学習はもちろん、新潟・房総半島・富士山での巡検も行い、石油事業に貢献する人材育成を目指しています。

公文式数学教育

公文式数学教育

子供達の学力向上を目指し、1998年から「公文式数学教育」をアブダビ首長国アブダビ市の小学校に導入しています。今後の更なる展開のため、2006年秋より(株)公文教育研究会への運営移管を致しました。

The Petroleum Institute

The Petroleum Institute (アブダビ石油大学)

2001年にADNOCによって開設されたアブダビ石油大学の運営に協力し、将来を担う石油技術者の育成に取り組んでいます。2008年からはリモートセンシング技術講座を開設し、また、2014年に、東海大学の協力を得て、アブダビ石油大学によるソーラーカーの開発プロジェクトをサポートし、2015年1月に開催された中東地域で初めてとなるAbu Dhabi Solar Challengeレースにてアブダビ石油大学チームは準優勝という成績を収めました。

日本人学校へのUAE国民の受け入れ

アブダビ日本人学校(幼稚園を含む)では、国民の教育に熱心なムハンマド皇太子殿下の要請を受け、2006年9月から毎年UAE国民子弟を受け入れています。現地において学校運営理事会のメンバーとして同校の運営に携わるとともに、日本においてアブダビに関係する企業とともにNPO法人を設立して幼稚園・小学校・中学校の補助教員を派遣するなど日本人学校でのUAE国民子弟教育プログラムの実施に協力しています。

ページトップ